徒然なるままに
ここ1ヶ月、生活習慣が激しく乱れていて、昼とか夜とか関係なく起きてたり寝てたりしている。まぁ、個人的には夜に起きてることに苦痛は感じないし、多少眠くても頑張れる。その分寝る時はがっちり寝るようにしている。「している」という言い方をすると、敢えてそうしてるように聞こえるが、実際のところは体が勝手に爆睡してるだけなのだが…。
本来人間は朝起きて夜寝る、というサイクルなんだろうけど、それは太陽が昇るから起きるのであって、年がら年中昼間だったらどうなっていたのか興味深い。
人間の体内時計は1日24時間以上あるらしい。それが太陽の光を浴びる(見る?)ことによってリセットされるみたいだ。これには単純だが面白い実験があって、ある被験者を外の光が入らない密室で1週間生活させるのだ。もちろん時間が分からないように時計は無しだ。そこでなるべく自然な生活をしてもらう。寝たいときに寝て、起きたいときに起きる。お腹が空いたらご飯を食べる。そうすると段々起床時間の周期がずれていく。
この体内時計のずれはどうして起こるのか、はっきりとは判っていないらしい。昔地球は1日24時間以上あったという説もあるし、太陽が昇ったら自然に起きられるように幅を持たせてあるという説もある。
まぁ、何はともあれ、朝起きて夜寝るという規則正しい生活が健康に一番だし、やっぱり自然に逆らってはいけないなと思う今日この頃、みなさん如何お過ごしでしょうか。

こんな事を考えながら日々生活をしているんですが、先日会社からの帰路、時間は午前4時くらい。国道から県道に入り、時間も時間なので道はガラガラ。気分爽快で運転していました。
こんなとき、ついついやってしまうのが、「信号機で止まらずにどこまで走れるか!」です。もちろん赤信号は止まります。信号無視はしません。道はガラガラなので前にも後ろにも走っている車はいません。という事は自分のペースで自由に走れるということです。前方の信号機が赤ならゆっくり走って調整し、横断者専用信号が点滅していれば、あと少しで黄色に変わるので速度アップ。
そして遂に新記録達成しました。距離30km強。信号機の数35個!(手押し信号含む) しかも最後は駐車場までノンストップ。車を降りた時にはそこはかとない達成感に浸れるのだ。
燃費計を見たら、17.3km/L、さすが止まらないと燃費がいい! 帰宅ラッシュ時間は1時間30分のところを50分。40分も短縮しました。地球にもお財布にも優しいダブルお得。これぞ真のエコだだだ!!


車を運転していて前から不思議に思うことがあるんですが、長い時間止まらずに走っていると、まるで自分と車が一体になったような錯覚を覚えることがあります。アクセルを踏んでいる感覚がなくなり、まるで自然に動いているような…。
あれってどんな状態なんだろう。集中力が増しているのか、逆に低下しているのか…。低下しているのかもなー。そんな状態になるのは走り慣れている道だけだし。知らない道を走るときは周りの状況に注意して慎重に走るものだ。

そうだ、そろそろタイヤのローテンション時期かもしれない。油圧式ジャッキを買って早数ヶ月、そろそろ使ってやろう。
[PR]
by angrywaves | 2006-10-14 08:57 | 雑記


<< そろそろ暖房 ネットサーフィン >>