NASA World Wind
緻密なプラモデルなどを見ると、ついじっくりと観察したくなります。
今回は地図です。
NASAのWorld Windと言うソフトを紹介します。
大雑把に言えば地球儀なんですが、衛星写真を使っていて詳細な地図を見られます。
スクリーンショットが取れるので、紹介します。



(画像をクリックすると大きい画像が見られます)
e0012883_9414137.jpgまずは地球の全体像から始まります。
マウスでぐりぐり好きなように回転できます。
拡大してみまししょう。
e0012883_9484897.jpg少しズームしました。
まだまだいけます。
e0012883_9514168.jpg雲が消え、海岸線の形が分かってきました。
ズームはマウスホイールを動かして行います。
かなりスムーズに拡大されていきます。まるで落下していく感じです。
e0012883_953549.jpg更に拡大されました。
どんどんいってみましょう。
e0012883_9545825.jpg川や地形が見えてきました。
e0012883_1012751.jpg人工物っぽい物も微かに見えてきました。
e0012883_103843.jpg右のほうに橋らしき物が架かってるのが見えます。
どうやら街があるようです。
e0012883_106552.jpg街であることが明らかに分かります。
e0012883_1083475.jpg町並みも見えてきました。
まだいけます。
e0012883_1010019.jpg更に詳細なモードに切り替えます。
e0012883_10114834.jpg川に架かっている橋や道路が見えるまでズームできました。
もう航空写真レベルくらいになったでしょうか。
e0012883_10165943.jpgまだいけます。
e0012883_10195344.jpgすごいです。いくらNASAのソフトとはいえここまで見れるとは…。
良いんですかね?(・・;
e0012883_10243540.jpg木の一本一本まで確認できます。
衛星すげぇぇ
e0012883_10272253.jpg車や芝の模様まで確認できるまでズームしました。
こんなソフトが無料で配布されてる事に驚きですよ…。
e0012883_1031144.jpgこれが限界のようですが、これは1つ前の画像が拡大されただけのようですね。
ついでに、これはホワイトハウスです。
一部モザイクがかかってる所があるのは安全保障上の問題でしょう。連邦議会議事堂は丸々モザイクがかかってました。
てか凄過ぎです。
残念ながらここまで拡大できるのはアメリカの一部だけなので、自分の家を確認する事はできませんでした。
写真だけではなく地形のデータも取得できるので、視点を変えて立体的に見ることもできます。
e0012883_10464993.jpg富士山です。
人工衛星って凄いですねぇ。
いわゆるスパイ衛星は、10平方cmの物を識別できるらしいですよ。
人工衛星から顔も分かっちゃうって事ですか…。恐ろしいよ!(゚Д゚;)
[PR]
by angrywaves | 2006-06-10 10:57 | 雑記


<< 朝から キーボード >>