HKS スーパーパワーフローR
毒キノコ着けました。
以前紹介したやつです。

写真は残念ながらありません。
仮組みしてあったものを出勤前15分で急いでつけたので、撮ってる暇ありませんでした。

運転してみた感想は、
・エンジン音と排気音がうるさくなった気がする。
・吸気音と吹き返し音が確実にうるさくなった(しかし、これが魅力)。
・低回転時のトルクが微妙に低下した気がする(?)

アクセルを軽く踏み込んで加速し、アクセルを戻すと「ぶしゅるるる~」と音がします(´∀`*)
また、高速などで思いっきり加速してアクセスを戻すと「しゅぱーーん」と音がします(´▽`*)
この効果音が運転の喜びを増してくれるんですよね~。

ただ、問題なのは吸気する場所ですね。
純正の場合、なるべく新鮮な空気を吸気する為、ボンネットの隙間付近から入り込む空気を取り込んでいます。
しかし、今回のパーツはホースに直に取り付けるため、エンジンルームの奥側になってしまい、ラジエータで熱せられた空気を吸気する事になります。
熱せられた空気は膨張しており、吸気した空気の体積中に含まれる酸素の絶対量が低下します。
これにより、エンジンが過熱しだすと燃焼効率が悪くなり、本来のターボ性能が低下すると思われます。

まぁ、そこまで過敏になる必要も無いだろうという事で、このままにしておきます(´∀`*)
[PR]
by Angrywaves | 2006-05-12 18:07 |


<< 眠れん!(゚Д゚ ) 板金 >>