ユーザー車検、軽自動車
うちのライ助(HONDA LIFE)の車検の時期がやってきました。
2年前の車検はディーラーでやってもらったんですが、
車検代+エンジンオイルとブレーキオイルの交換で83,300円でした。

軽自動車なのに、この値段…。
これが2年ごとにやってくるんですから、結構な出費です。


なんとか安く済ませたいわぁ、という貴方!
ユーザー車検というものがあるんですよ!
その名の通り、車のユーザーである自分自身が車検を行うというもの。

そもそも車検というのは車の所有者が自ら行うものなんですよね。
ディーラーなどでやってもらいますが、あれはあくまで代行なんです。
当然、代行してもらう訳ですから、値段は高くなります。
自分が行えば、必要最低限の出費で済みます。


そこで、今回はユーザー車検にチャレンジしてみる事にしました。
ネットで色々と調べてみたところ、軽自動車は「軽自動車検査協会」という所で車検をしているみたい。
(そういや、事業仕分けで普通車と軽自動車は何で別々の場所で車検してるんだ、民間じゃ出来ないのか、とか言ってた記憶が)
ここに持ち込んで、検査に合格すればOKらしい。



軽自動車検査協会のホームページで最寄の車検場と、車検の流れを確認。
必要書類等は、
  ・1、継続検査申請書
  ・2、検査手数料
  ・3、保安基準適合証
  ・4、自動車検査証(車検証)
  ・5、軽自動車検査票
  ・6、点検整備記録簿
  ・7、軽自動車税納税証明書
  ・8、自動車重量税納付書
  ・9、自動車損害賠償責任保険書又は自動車損害賠償責任共済証明書
とある。

なにやら、小難しい名前の書類ばかりで、軽くやる気が失せますが、
簡単に説明すると、
  ・1、継続検査申請書
       --- 車検場で買う
  ・2、検査手数料
       --- 車検場で払う
  ・3、保安基準適合証
       --- 普通は無いので不要。
  ・4、自動車検査証(車検証)
       --- 車に常備してあるやつ。
  ・5、軽自動車検査票
       --- 車検場で買う
  ・6、点検整備記録簿
       --- ぶっちゃけ要らない。無くても何も言われないし、言われたら「後整備です」でOK
  ・7、軽自動車税納税証明書
       --- 市役所で納税した時の控え。無くしてしまった場合、再発行してもらい用意。
  ・8、自動車重量税納付書
       --- 車検場で納税する。
  ・9、自動車損害賠償責任保険書又は自動車損害賠償責任共済証明書
       --- いわゆる自賠責。現在有効な物と、更に2年更新した物の2つ必要。
          車検場で更新できるので、現在有効な自賠責だけ用意。車検証と一緒にあるはず。

事前に用意する書類は、青文字の3つだけです。
かなりハードル下がった感じがしますね。
これなら簡単に用意できそうです。


さて、次は実際の車検ですが、事前に予約が必要です。
軽自動車検査協会のホームページから予約ができます。
「継続検査」で予約をしましょう。
予約完了画面かメールを印刷して持って来いって書かれてますが、
予約受付番号さえ分かれば良いので、メモでOKです。

あ、それから、平日しか車検できません
さすがお役所仕事です。
本来、車検は車の所有者が行う事になっているのに、
実状はこんなもんです。
平日休みの日に予約を入れましょう。
お奨めは午前1ラウンド(受付8:45~10:15検査9:00~10:15)です。
この時間は空いていて、受付の方にも質問しやすいかと思います。
午後は業者の方などで混んでいて、もたもたしていると迷惑になる上、
受付も余裕がないので嫌な顔されてしまう可能性もありますからね。

もし、休みに余裕があるなら、事前に見学しておくと良いかもしれません。
車検の様子など、見学用に間近で見られる場所が用意されています。
一連の流れを実際に見ておくと本番も余裕をもって挑めます。


いよいよ実践です
車検場(軽自動車検査協会)に着いたら、まずは自賠責を更新しましょう。
案内板に自賠責窓口の場所が書かれていると思います。
その際、「継続検査は初めてなんですが、申請書類はどこで買うんですか?」みたいに聞くと、
書類を用意してくれて説明もしてくれると思います。
記入が必要な書類は、
  ・1、継続検査申請書
  ・5、軽自動車検査票
  ・8、自動車重量税納付書
の3枚です。
ほぼ車検証の情報を写す感じですが、
走行距離を記入する欄があるので、事前にメモっておきましょう。
どう記入していいか分からない所は、敢えて記入せずに提出するのも手です
下手に間違うと書類をまた買って書き直す事になります。
記入漏れがあれば「ここを記入してください」って言ってくれます。
ですので、空いている時間を選んで行きましょう。
あと、認印を押す箇所がありますが、
車の所有者本人が検査を受ける場合は必要ありません。
本人確認が必要になると思いますが、車で行くんですから免許証は持ってますよね?
心配なら一応ハンコも持って行きましょう。


すべての書類の記入と提出が終わると、次は実際の検査です。
受付で指示された検査ラインに車を進入させます。
検査員の方がいるので、持っている書類一式を渡します。
その際、初めてである事を伝えておくと親切に対応してくれると思います。
今回は、電光掲示板と音声ガイダンスに従って操作するラインも、隣に着いて指示してもらえました。
検査場はエンジン音や機械の音などがうるさく、指示が聞こえにくいので、
窓は全開にしておくと良いと思います。


一連の流れは、ここで確認できますが、
実際にした事は以下の通り。


検査員に書類一式を渡す。
指示に従い、ライト点灯、ウインカー点滅、ウォッシャー液噴出、ワイパー動作、ブレーキランプ点灯、バックランプ点灯、ハザード点滅の確認。
自分でボンネットを開け、つっかえ棒をして待機。その間、車内、エンジンルームを検査員が確認。
(エンジンルームの清掃とまではいかなくても、車体番号が書かれている所は綺麗に拭いておく)
ハンコを押してもらい書類を受け取ったら、ボンネットを閉めて次のラインへ。

  ⇓⇓⇓

排ガス検査。検査棒をマフラーに挿入。
電光掲示板にOKが出たら、
  ・5、軽自動車検査票
を機械に挿入してハンコ自動捺印。

  ⇓⇓⇓

電光掲示板に前進指示が出たら、白線に沿って歩くスピードくらいゆっくりと、ハンドルを切らず真っ直ぐ前進して、サイドスリップ・テスタの上を通過(ホイール・アライメント検査)
ここは通過するだけでOK。
停止線で停止。

  ⇓⇓⇓

電光掲示板に前進指示が出たら、次の検査装置の上に停車。
タイヤがローラーの間に挟まる感じ。
電光掲示板と音声ガイダンスに従い検査開始。
スピードメーター検査。時速40kmまで加速したらパッシングする。
パッシングは一瞬だと感知してくれないので、2秒くらい点灯すると良いかも。
ヘッドライト検査。ライトを点灯しハイビームに。ギアはニュートラル。ブレーキの必要なし。
ブレーキ検査。ブレーキを踏む指示が出たら、きっちり踏む。多少車体が揺れるけど大丈夫。
ブレーキを離す指示が出たらすぐ離す。次は駐車(サイド)ブレーキ。これもきっちり利かす。
ホームページの説明では、ここで
  ・5、軽自動車検査票
を機械に挿入する事になっていたけど、実際は無かった。
車検場によって違うのかも。

  ⇓⇓⇓

電光掲示板に前進指示が出たら、次の検査装置(リフト)の上に停車。
検査員に書類一式を渡す。
左いっぱいにハンドルを切ってエンジン停止。
リフトが上昇し、検査員がコンコンと足まりを叩いてチェック(下回り検査)。
指示に従い、今度は右にハンドルを切る。
次に真っ直ぐに戻して、ライト点灯。
リフトが下がったら、書類を受け取る。

  ⇓⇓⇓

全ての検査にパスしたら
検査ラインを指示された受付に戻り、書類一式を提出。
新しい車検証とステッカーを受け取り、終了
ステッカーを新しいものに貼り変えましょう。



どうでしたか。
車検場に着いてから検査終了まで、ざっと30分もあれば終わります。

ただし、検査で問題が見つかった場合、異常個所を修理し、再検査を受ける必要があります。
再検査は当日なら再び手数料を払う必要はありませんが、
日を変えるとまた支払わなくてはなりません。
近くに修理工場(俗にテスター屋)があると思うので、事前に場所を調べておくと良いと思います。
それと、ブレーキランプなどは事前に自分で確認しておきましょう。
ウォッシャー液の補充も忘れずに。無ければ水でも入れておきましょうw



今回かかった費用は、

自賠責      18,980円
重量税       7,600円
申請書類        30円
手数料       1,400円
合計     28,010円

でした!

どんだけ安いのよ!
ディーラーに頼んでたあの値段はなんだったんだよ!
まぁ、オイル交換とかもしてたけどさ…、それにしても。

ま、問題が無ければの値段ですけどね。
最近の車は滅多に壊れる事はありませんが、
いつかは磨耗して壊れるものです。
定期的な検査やパーツ交換をお奨めします。



今回、ユーザー車検に初めてチャレンジしてみましたが、
問題も無くスムーズに合格できたのは幸いでした。
敷居が高いイメージがありましたが、
いざやってみると意外と簡単だったと思います。

とにかく車検を安く済ませたいんだ!って方は
ユーザー車検をお試しあれ!


ユーザー車検に興味のある方へ
by angrywaves | 2010-11-16 16:31 |


<< コメントスパム wuauclt.exe が重い時 >>